自己啓発をはじめる。そもそも自己啓発とは何かを解説します。

自己啓発というワードは頻繁に聞くという方々が多くいらっしゃるのではないでしょうか。ビジネスマンの方々でも結構、自己啓発という言葉は知っているけど内容はわからないというケースが多いようです。

まずは、自己啓発とは何かという意味を明確にしましょう。

目次

自己啓発とは、本人の意思で自身の能力を高め、心の成長を目指すことである

自己啓発とは、本人の意思で自身の能力を高め、心の成長を目指すことです

自分自身をスキルアップさせるため、仕事で結果を出すということはもちろんですが、一方でプライベートを充実させることも大事です。自分自身で行動を起こして自身のやり方で成長していくモチベーションが自己啓発では大事なポイントということになります。

自身で考え、実行、そして成果を出すという流れが大事です。独りよがりの考えに留まるということではなく、自分自身の考えに対して答えを出すことが大事、そのような流れで能力の向上を実現することができます。

実際にどのようなものが自己啓発であり、どのようなものは自己啓発でないという決まりはありません。しかし、一般的には既に成功した人から考え方を学び、仕事に活かす流れが自己啓発のあり方だとされています。

自身で行動を起こしてダイエットに成功したという人たちもいらっしゃるでしょう。そのようなものは果たして自己啓発なのでしょう。

そのようなものは、能力アップはすることができても、心の成長はすることができていないので自己啓発といういい方は一般的にはしません。

自己啓発によって能力アップ→心の成長。ですからダイエットでも、同時に心を成長させればいいのですが。もちろんそのような方法もあるのだと思います。

自己啓発にそそのかされるデメリット

ただし、あまりにも自己啓発、自己啓発と言っている方々は逆に視野を狭くしてしまうというデメリットがあるようです。

自己啓発のデメリットには、学習することに重点を置きすぎてしまって、実際に現場でアクティブに行動することができなくなってしまうことがあります。現場では、もっと臨機応変に対応しなければならないことがあるでしょう。しかし、それは自分自身の考えにそぐわないから動くことができないということも起きてしまうかもしれません。

また、得ることができた知識だけで物事を決着つけようという姿勢が起きてしまうことになります。

果たして自己啓発は、視界を狭くしてしまう方法なのでしょうか。自己啓発を行う方々は、そのようなことにもなってしまうかもというデメリットも知り行うといいでしょう。

自己啓発に洗脳され過ぎてしまっている

自己啓発は宗教でもありませんし、あまりにも自己啓発に洗脳され過ぎてしまっている方々にも問題があります。周囲の人たちからそのように思われてしまうと、コミュニケーションもうまくいかなくなってしまう可能性があります。

自己啓発をスタートしたいと思えば、まず、あなたがなぜ自己啓発をしたいのか明確にする必要があります。

まず、あなたがどうなりたいかを考えてみましょう。「私は本をたくさん読むことが自己啓発だと思います」といういい方をする人たちがいますが、なんとなく……、漠然……では自己啓発からいい結果がもたらされないでしょう。

将来起業をしたいから自己啓発したいというのは明確な目的ですが、起業でなくても将来結婚したいから……、海外旅行に行きたいから……というのでも問題はありません。

自己啓発の目的は、プライバシーのことでも問題はありません。まずは、なりたい自身の姿を描くことからはじめてみましょう。

ビジネスでの自己啓発でよく見られるのが、成功者の経験から成功のノウハウを学ぶことです。そこには成功哲学があります。しかし、成功哲学を知っていてもなかなか仕事に活かすことができないという方々も大勢います。成功哲学をどう活かすかが自身の課題となるべきものです。

まとめ

いかがでしょうか。今回、自己啓発が何かということを解説しました。、自己啓発とは本人の意思で自身の能力を高め、心の成長を目指すことです。

今後、自己啓発についての内容について更に詳しく解説していきたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大手メーカー勤務の経験を活かして自己啓発のやり方を紹介していきます。

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる